丹波市 丹波市 チェックランプ点灯 スペーシア オートライフ上山

サブページメイン画像

  • HOME
  • 修理
  • 丹波市 チェックランプ点灯 スペーシア

丹波市 チェックランプ点灯 スペーシア

 メーター内にランプが点灯した

丹波篠山市にお住いの方からスズキ スペーシアのメーター内にいくつかランプがついたと連絡があり聞いていると水温計(赤:オーバーヒート)アイドリングストップが点滅している状態でした。走行には支障がなくチェックランプもついたり消えたりを繰り返していたため点灯後もそのまま乗られていました。
連絡をいただきすぐに引き取りに伺い点検していくとベルトが切れリチウムイオンバッテリー(アイドリングストップなどを制御するための備蓄バッテリー)が故障していました。お客様に説明しこれまでの修理記録や整備内容をかいた整備記録簿などを確認していくと走行距離が多かったがベルトを交換された記録がなく、またチェックランプ点灯後も乗られていたことにより状態が悪くなってしまったということがわかりました。修理をするということになりリチウムイオンバッテリーの交換、ベルト交換、サーモスタット交換など高額な修理となってしまいました。
*チェックランプは車の異常を示すものなので もし点灯したらすぐ整備工場で見てもらうことをお勧めします。

 メータ内にたくさんランプがついた

三田市にお住まいの方から「走行中にたくさんメータの中にランプがついた。でも車は動きます」と連絡をいただきました。
すぐに積載車で伺いお預かりすることになりました。スキャンツール(診断機)を用いて点検すると異常信号が複数入っており電圧が異常に低下していることが分かりました。バッテリーが原因かと思いお客様に確認したところ「バッテリーは交換済み」という回答がありそのほかの原因を調べることになりました。するとジェネレータベルトが切れているのが見つかり、ベルトが切れたことによりオルタネーター(発電機)が回らず電源が取れなくなっていることが分かりました。そのためバッテリーへの電力供給ができず電圧異常低下に陥っていました。原因が分かりすぐにベルトを交換しその後スキャンツールを用いて点検すると正常にもどっており作業完了となりました。今回はお客様が異常信号が出た時点ですぐに止まり連絡をして下さったおかげで大きな修理にならずに済みました。

無料のご相談はこちらからお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
0795-74-0457
で受け付けております。
お名前・車種・作業内容をお教えください。
※必ず「ホームページを見た」とお伝えください。



>> お問合せフォームはこちら

お電話
お問合せ
お見積り